腦內解剖異想世界

未來踏實製造中

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2009*03*04 Wed
03:19

[歌詞]椎名林檎-迷彩

林檎大姐的歌真的一旦愛上了
就像中毒一樣
超極推薦v

超獨特的唱腔

因為這首歌的漢字遠遠超出我的能力之外orz
所以先放著放著

看看有天可不可以把它全背下來
(等等 你確定要找林檎大姐的歌背嗎 囧

椎名林檎 - 迷彩



作詞;椎名林檎
作曲:椎名林檎
編曲:化貓キラ-

「ねえ一層遠く知らない街に隠居して
沈黙しませぬこと?
きおんな日々には厭きたのさ
ねえだうぞ攫つて行つて」

逃げ延びて水密桃(すいみつとう)に未練
砂みたいな意識と云ふ次元で
逃げ延びた暑さよ何邊(いずこ)へ
揺れが生じ
其の儘 怠惰に委ねた
最後の青さ
もう還らないと知つた溫度も
超へられぬ夜の恐怖色
境界に澱むでゐた決心の甘さ
たうに喪(うしな)つた岸壁打つは
引いてくれぬ後悔と濤(なみ)の色

待ち侘びて凍る馨(か)は混凝土(コンクリイト)
砂みたいな意識と云ふ器官で
待ち侘びた寒さよ何邊へ
揺れに動じ
此の儘 愛情に模した
修正ペンの白さ
現狀を必死で繕つては
剝いだ素肌に恐怖色
傍観に徹してゐた感慨の淡さ
たうに喪つた雷雨仰ぐは
泣いてくれぬ殘忍な雲の色
最後の青さ
もう還らないと知つた溫度も
超へられぬ夜の恐怖色
境界に澱むでゐた決心の甘さ
たうに喪(うしな)つた岸壁打つは
引いてくれぬ後悔と濤(なみ)の色

參.迷彩
「喂 要不乾脆隱居到一個遙遠莫名的城市保持沈默 ﹖
我已厭倦這樣的日子 喂 就把我帶走吧 !」
無盡逃亡眷戀水蜜桃 在如細砂般意識的次元裏
無盡逃亡的酷暑啊何去何從 生搖擺
就這樣 寄託怠惰的最後青澀
明知溫度一去不回卻也無法超越夜色恐懼
耽溺於界限的決心多麼天真
拍打已喪失的岩壁是永不再來的後悔與浪濤色
久等而凍僵的馨香是混凝土 在如細砂般意識的器官裏
久等的嚴寒啊何去何從 因擺蕩而動搖
就這樣 模擬愛情的修正液之白
拼命修飾現狀下去讓剝落的肌膚染上恐怖色彩
旁觀者清的淡淡喟歎
仰望早就失去的雷雨是不再為我哭泣的殘忍雲色
スポンサーサイト
*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

ken

Author:ken
鏽蝕的腦袋瓜

訪客數
咕嚕咕嚕


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。